花が咲いたよ
花が

花が咲いたよ
ひどく風に怯えた
誰も見たことない花が咲いていたよ

花が咲いたよ
花が
花が咲いたよ
ひどく風に怯えた
だれも見たことない花が咲いていたよう、だぁぁぁぁぁ

花が花が咲いたよ
花が
花が咲いたよ
見たことない花が咲いていた

花などない
それは
在るはずもないと
思ってたら
したら そしたら
したら 花があるだよ
誰も見たことない 見えるはずのない
咲くはずのない花が咲いてたし
そこにやはり
そこに、確かに
そこにそこにあるだよ

花が咲いたよ
花が
花が咲いたよ
ひどく風におびえた
誰も見たことない花が咲いていたよ

したら そしてそれは
ひどく風に怯えた
だれも見たことないそれは
花は 花は 花は
風に怯えて
風に震えて
花は 風に
ゆれてゆらされて
怯えて
震えて

風はふーと
花 噂を運んでくだので
ひどく風に怯え 花は
震えて怯えて
風にゆれてゆらされて

ふるえて
ゆらされて
誰にも見たことない
見えるはずもない花が
風におびえてふるえて
ゆれて ゆらされて

風は 花の噂をふーと運んでくだので
花をはこびれて花は震えておびえて揺らされて
震えてゆらされて風に風にゆれてゆらされて
おびえていたようだ

花が泣いたよ

花が
花が泣いたよ
ひどく風にうたれた
ひかりを見たことない花が
泣いていたよ

さっきの風の音より
もっと
風の音で
音の
風が
風の音の風より
もっと音の
嵐で嵐で嵐で

したら そしたら
花が 花が
泣いていたよ
夢などない
もう風などない
もう雲も動かぬのに

なのに それなのに
花はそれは
花は
やみを選びやみを愛し花は
やみに謳い愛しそれに泣き
やみに泣き
なのに それなのに
花はやみに泣かされ選ばれ謳いて
愛されて

ひかりを見たことない花は選ばれ
つくされ愛されやみを愛していたようだ
花よ
花の不屈の心に
ひかりが笑ってくれるよに
不屈のこころの花が
風にゆらされぬよに
やみに 泣かされぬよに
はさみ研いでるやつに斬られぬように
揺らされぬように
泣かされぬように
斬られぬように

花 よ
月を見よ
星はだめよ
やみよ
月は 本当のひかりよ
いいんだよ
星もきれいよ
月の
ひかりのようなものが
本当の星のひかりのようなやみが
だめよ
やみが
月は本当のひかりよ
ほんとのひかりよ
ほんとのひかりよ

ならば
それならば

やみの波を押し返すのだ
やみのつきを、ひもとくのだ
花にひかりを 花に
ひかりを花に
ひかりを
それを願ったんだ

そしてそしたら
そしてそしたら
そしてそしたら
花は答えたんだ
一度だけ答えたんだ
四度だけ答えたんだ

ひかりはいらね、みずをください


間違ってる箇所があるかもしれませんが、愛嬌とゆうことで。